iphone用防水ケースは海で問題なく使えるか

iphoneの弱点は水であり、水没させてしまうと、故障に原因になります。自宅の中だけでも、案外水没のトラブルは起きます。トイレの便器やお風呂のバスタブや洗面器、キッチンのシンクや洗面所など、うっかりiphoneを水の中に落としてしまうスポットは少なくありません。

そして海や山、川といった自然の中だと更に水没のリスクが増えます。自宅以上にうっかりミスが増えますし、洗面所に落とした場合とは違い、自然の川や海に落とした場合は、iphoneの回収がそもそも難しくなります。長時間水没したiphoneは、ほぼ確実に故障します。

その水没故障を予防ために、iphoneの防水ケースが必要となります。海釣りを楽しむ方々がいますが、海での釣りはなかなかに根気が必要な事です。待ち時間がとても長く、釣り糸を垂らして数時間、防波堤の上で待機しなければいけない、というシチュエーションも珍しくはありません。

暇つぶしのため、スマートフォンを取り出してネットサーフィンをしたり、ゲームアプリで遊んで時間を潰される人々もいるでしょう。iphoneで暇つぶしをしている時に突然竿がしなると、慌ててしまい、ドタバタからうっかり手元のiphoneを海へと落っことしてしまうかもしれません。

防水ケースを予め装着しておけば、海に落としてしまっても、故障は免れます。ただ、注意したいのは海は、自宅の洗面所やトイレとは違う点です。海に落としたiphoneが防水ケースを付けていて、故障を免れたとしても、海は非常に深いです。

せっかくケースを付けて故障を回避しても、ケースごと海の底に水没してしまったら、もう拾い上げられません。海での利用を想定するユーザーは、水没しないかどうかでケース選びをしましょう。単に防水加工が施されたケースではなく、浮輪のように浮力がある発生する仕組みがあるケースを選ぶのがコツです。普通の防水ケースはあくまで日常での利用を想定しているため、海で使う際は水没しない特別なギミックがある製品をチョイスしなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です