iphoneは使用できませんの表示の復旧方法

iphoneの操作は、我々に娯楽や外部との通信のやりとりを与えてくれる存在で、日常生活でも欠かすことができないものです。
しかし稀に「iphoneは使用できません」と表示がされて、iphone自体を開くことができず、
操作自体がまったく出来なくなってしまうことがあります。

その原因はパスコードロックがかかってしまった状態で、
パスワードでプライバシー保護を行っている状態であるため起こります。
規定回数以上のパスワードを間違ってしまうと起こり、子供に渡していたらそれを変更されてしまった、
壊れている液晶で操作して間違え続けた、お酒などを飲んで酔っ払って変えてしまったなどがあります。

またよくあるのは、他のパスコードと勘違いしていたというケースで、
こうしたことで「iphoneは使用できません」と表示され操作できなくなることが多いです。
一方、直し方、復旧方法は初期化を行うという対策方法しか存在しません。

初期化を行うということは、工場出荷時の状態に戻すことを意味し、
様々なデータがiphone上に格納しているものですが、そのデータ自体をすべて失ってしまうことに繋がります。
つまり直し方、復旧方法は今まで蓄積されたデータ類を失っても良いのなら初期化で対応することが可能です。

初期化の方法はPCとiphoneを接続し、初期化をするための画面が起動しますので、
そこで「iPhoneを復元…」を選択します。PC上に小まめにバックアップしていれば、バックアップから復元、過去のバックアップの日付を指定して、復元とアップデートを選択することでダウンロードが開始されます。

復元自体も開始され、それを完了するとバックアップした日付時点でのデータを復元することが可能となります。
従って、データをどうしても失いたくない場合には、定期的にPCに繋げてバックアップをしておくか、
あらかじめパスコードの入力ミス10回で自動初期化機能をオフにしておく設定を行っておくことがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です