iphoneの画像をテレビに移す方法

iphoneを使用していて、画面が小さくて見づらいと感じたり、ゲームなどを大画面で楽しみたいと思ったことのある人は多いものです。
例えばこの画面をテレビにそのまま映し出し楽しめたら良いと感じたことのある人も多いのではないでしょうか。
iphoneの画面をテレビに映すにはいくつかの方法があります。
1つは HDMIケーブルを利用してテレビに接続する方法と、もう一つはApple TVを利用して接続する方法です。
これらの方法のどちらかを用いることで、iPhoneの画面をそのままテレビに映すことが可能になるのです。

ただし、 HDMIで接続するといっても、 iphoneの場合にはそのインターフェースがないので、
専用の変換ケーブルを用意して接続する必要があります。
そのケーブルは比較的高額なものが多いため、充分注意して用意する必要があります。
さらにiPhoneで映っている画面がそのまま映る形になるので、
iphoneを回転させたりするとテレビ側の映像も開店してしまうので注意が必要です。

また有線で接続されるためケーブルの長さによってその距離が制限されてしまうことになるため、
必要な長さのHDMIケーブルを用意する必要があります。

これに比べて非常に手軽に接続できるのがApple TVによる接続です。
Apple TVによる接続においては、専用のセットトップボックスを購入して用意することで、
様々な家電がそのネットワークに接続できるメリットがあります。
またiphoneの有力な機能であるSiriがセットトップボックスで利用できるため、テレビを含めた音声コントロールが可能になる場合があります。

Apple TVに置いてiphoneの画面をテレビに移す場合には、それぞれの機器のApple TVに対するセットアップを行った後、
iphone側でAirPlayと呼ばれる機能をオンにすることで画面が投影されるようになっています。
Apple TVをセットアップすることでその後はAirPlayの切り替えだけでいつでもテレビに映して見ることができるので、
非常に便利な機能が加わることになるのです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です