iphoneからパソコンに音楽データを移す方法

この方法には、大きく分けると2つあります。1つ目は、標準音楽アプリを用いてパソコンソフトのituneと同期する場合です。
確実に音楽データを転送するためには、この端末とパソコンをケーブルで接続する前に、パソコンに入っているituneの設定変更が必要になります。
その変更とは、接続した際の自動同期を停止することです。
その変更方法とは、パソコンのituneソフトの編集から設定、
デバイスの順番に進み、自動的に同期しないにチェックを入れるだけです。
この作業を行うことで、接続した際に音楽データが削除されるなどの不都合を回避することができます。
次に、インターネットに接続した状態で、端末で利用している同じIDやパスワードを入力して認証作業をします。

その方法は、ituneソフトの上部にあるアカウントから認証を選択し、このコンピュータの認証をタップします。
その後IDとパスワードを入力すれば、コンピュータの認証が完了しました。もしくは、認証済みですと表示されます。この表示が出れば完成です。
最後は、端末とパソコンをケーブルで接続します。

接続確認ができれば、ファイルからデバイスを選択して、
購入した項目を転送を選択すると購入した音楽データが転送され、パソコンに音楽データを移すことができたことになります。

ituneソフトのミュージックの項目に追加されているはずです。
仮に追加できていない場合は、パソコンでの認証IDと端末のIDが相違している可能性があります。
その場合は、認証作業をやり直すことで追加することが可能になります。

2つ目は、ダウンロードアプリなどに入っている音楽データをパソコンに移す場合です。
こちらの場合は、同期の必要がないため簡単です。
パソコンと接続してituneソフトを用いるところは同じですが、
そのデータが保存されているアプリをパソコン上で選択した後、音楽データファイルを保存すれば、自動的にデータ移行することができます。
wifiレンタル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です